新型GR86/BRZの燃費と維持費ってどれくらい?

f:id:MORIKO:20220215151826p:plain

2021年に発売された新型トヨタGR86/スバルBRZは、維持するのにどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

まずハッキリしているのは、一般的なコンパクトカーよりもコストが高い、ということです。

たとえば新型GR86/BRZの使用燃料は、レギュラーガソリンではなく、単価が高いハイオク指定です。

 

f:id:MORIKO:20220205153954p:plain

新型GR86/BRZともにカタログ燃費は12.0km/Lで、燃費も"悪いほう"だといえます。

ゆえに毎月それなりのガソリン代がかかります。

 

ほかにも年1回の自動車税や、エンジンオイルの交換費用など……スポーツカーの所有にかかるコストをそれぞれ確認していきましょう。

 

「維持費が高くて家計が……手放そう……」なんて事態に陥らないよう、購入前におおよその支出額をイメージしておくことが大切です。

 

f:id:MORIKO:20220215152350p:plain

この記事では、

  • 燃費とガソリン代
  • 単価が高いハイオク指定
  • レギュラーを給油しても壊れない?
  • オイル交換の費用が高いのはなぜ?
  • 排気量2.4Lの自動車税はいくら?

など、「新型GR86/BRZの燃費と維持費」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

新型GR86/BRZの燃費と維持費

f:id:MORIKO:20220215151329p:plain

新型GR86/BRZを所有するには、それなりのお金がかかります

どうしてかというと、新型GR86/BRZにかかる燃料代やオイル交換費用、自動車税が、一般的なクルマ(国産コンパクトカーや軽自動車)よりも割高だからです。

 

ただし、その代わりに味わえる「FRスポーツカーを運転する楽しさ」を知ってしまえば、多少の出費はさほど気にならないでしょう。

維持費を多く払ってスポーツカーを所有するというのは、ちょうど、高い家賃を払って広くてキレイなアパートに住むようなものです。

 

つまり、リターンが大きい、ということです。

 

f:id:MORIKO:20220215153003p:plain

では新型GR86/BRZの維持にかかる、

  1. ガソリン代
  2. オイル交換費用
  3. 自動車税

これら3点についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

維持費としてはほかにも「駐車場代」などが挙げられますが、これはスポーツカーかどうかに影響を受けない(しかも地域によって金額の差が大きい)ため、今回は扱いません。

 

ほかのクルマよりもちょっと高い新型GR86/BRZのガソリン代、オイル交換費用、自動車税に絞ってお伝えします。

 

1. ガソリン代

f:id:MORIKO:20220215153448p:plain

新型GR86/BRZのカタログ燃費は、いずれも12.0km/L(WLTCモード)です。

もっとも燃費が良いグレードが12.0km/Lですので、たとえば11.7km/Lなど、選ぶグレード次第ではリッター12kmを下回ります。

 

新型GR86/BRZが搭載している水平対向エンジンには「燃費が悪い」という欠点があるため、燃費がイマイチな点は仕方ありません。

その代わり、水平対抗エンジンは重たいエンジンの重心を低くできることからスポーツ走行に適しています(あのポルシェも採用)。

 

「新型GR86/BRZはスポーツカーだから燃費より走りが大事だ」と割り切って考えましょう。

カタログ燃費36.0km/Lのヤリスハイブリッドと比較するのはナンセンスです。

 

f:id:MORIKO:20220215153750p:plain

ちなみに、新型GR86/BRZの使用燃料はハイオク(無鉛プレミアムガソリン)指定です。

ハイオクの単価は、レギュラーガソリンにプラス10円ほど、もしレギュラーが160円ならハイオクは170円といったイメージです。

 

では、新型GR86/BRZのガソリン代を計算してみましょう。

  • 月間走行距離:800km(年間1万km)
  • 燃費:12.0km/L
  • ハイオク単価:170円

このような条件で算出すると、800÷12=66.7、つまり毎月66.7Lの燃料を消費することがわかります。

 

ハイオクの単価が170円で、66.7×170=11,339円です。

よって、新型GR86/BRZの燃料代は月々11,339円だと算出できました。

 

もちろん走行距離やガソリン価格によってコストは変わりますし、実燃費はカタログ値に劣りますので、一つの目安としてお考えください。

もし新型GR86/BRZの運転が楽しくて年間2万kmペースで走らせるとしたら、燃料代は倍の月々2万3千円ほどかかります。

 

参考までに、SUBARUレヴォーグSTI Sportの1.6Lターボ車(水平対抗エンジン)は、カタログ燃費が16.0km/L(JC08モード)となっています。

がしかし、街乗りメインの実燃費だと6.1km/Lをマークしたりします。

 

車種こそ違えどおなじスバルが製造する自動車ですので、新型GR86/BRZの燃費にも期待しないほうが良いでしょう。

 

ガソリン代を節約するには、

  1. あまり運転しない
  2. 安いガソリンスタンドを探す
  3. やっぱりコンパクトカーを買う

このあたりの対策が有効です。

 

f:id:MORIKO:20220215154040p:plain

ちなみに、新型GR86/BRZをハイオクではなくレギュラーガソリンで走らせることも可能です。

エンジンが壊れたりはしません(一部のレンタカーショップでは86の燃料にレギュラーを指定している)。

 

その代わり、エンジン性能を十分に発揮できなくなります

たとえるなら、一流のマラソン選手に粗悪な食事をとらせるようなもので、満足な走りができません。

 

新型GR86/BRZが持つパフォーマンスを存分に発揮させるためには、ケチらずにハイオクを入れましょう。

 

 

2. オイル交換費用

意外とコストがかかるのがエンジンのオイル交換です。

なぜなら、新型GR86/BRZはオイル交換量が多く、またオイルの質にこだわると価格が高くなるからです。

 

f:id:MORIKO:20220215154820p:plain

だいたいの目安として、1回のオイル交換に1万円〜1万2千円ほどかかるとお考えください。

これはピットでの作業工賃も含めた金額です。

 

オイル交換のみで1万円、フィルター交換も行うと1万2千円、そんなイメージです。

オイル交換の頻度は「5,000kmの走行ごと」が一般的ですので、年間1万キロ走るなら年に2回交換することになります。

 

ちなみに、コンパクトカーなど一般的な車は1回のオイル交換を5千円程度で済ませられます。

新型GR86/BRZは約2倍のコストがかかるといって良いでしょう。

 

f:id:MORIKO:20220215155142p:plain

値が張る理由は先述のとおりで、

  1. オイル交換量が多い
  2. オイルの単価が高い

この2点が費用を押し上げています

 

新型GR86/BRZのオイルを交換する場合、

  • オイルのみ:4.8L
  • オイルとフィルター:5.0L

これだけのオイルを使います。

アクアなら3.3L、アルファードでも4.3L程度ですので、その多さがお分かりいただけるはずです。

 

オイル交換を安く済ませるためには「品質が低くて安いオイル」を使う手がありますが、おすすめはしません。

まるで一級の競走馬を買ってきてショボい餌を食べさせるようなものだからです。

 

f:id:MORIKO:20220215155559p:plain

スポーツカーはエンジンの吹け上がりが命です。

新型GR86/BRZのエンジンを良好な状態に保って永く楽しく乗るためにも、オイルにはこだわりたいところです。

 

したがって、年に2回ほど生じるエンジンオイルの交換費用に関しては、その都度1万円ちょっと支払う覚悟をしておきましょう。

 

3. 自動車税

f:id:MORIKO:20220215165759p:plain

では最後に、新型GR86/BRZの自動車税を見ていきましょう。

自動車税は毎年1回、春にかかる税金です。

 

税額はエンジンの排気量によって決まります。

新型GR86/BRZのエンジン排気量は2,387ccですので、自動車税の額は43,500円です。

 

ヤリスやアクア、フィット、ノートなどの国産コンパクトカーの税額が30,500円であることを思えば、新型GR86/BRZの税額は「高い」といえるのかもしれません。

軽自動車は年額10,800円です。

 

ちなみに先代の86/BRZのエンジン排気量は1,998ccで、新型より小さく、ゆえに自動車税も36,000円に抑えられています。

おなじくスポーツカーのMAZDAロードスターは排気量が1,496ccで、自動車税は30,500円です。

 

f:id:MORIKO:20220215170139p:plain

ほかの自動車と比較しても、新型GR86/BRZの自動車税43,500円は「高いほう」です。

毎年4〜5月ごろになると、4万円オーバーの出費を思い、4万円あればできるあんなことやこんな買い物を想像し、ちょっぴり気分が下がってしまうかもしれません。

 

ちなみにもっとパワフルなスポーツカーの排気量および自動車税はというと、

  • トヨタSupra 3.0L:50,000円
  • 日産新型フェアレディZ 3.0L:50,000円
  • 日産GT-R 3.8L:65,500円
  • レクサスLC 5.0L:87,000円

ご覧のとおりとなっています。

 

世の中にはこれだけたくさんの自動車税を納めているオーナーがいる……そう考えれば、新型GR86/BRZの税額も(嬉々として払うとは言わないまでも)なんとか受け入れられるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

アクアやヤリスハイブリッドを買えば、維持費を抑えられます。

普通車ではなくホンダN-BOXなどの軽自動車を買えば、さらに維持費を抑えられます。

 

f:id:MORIKO:20220215170644p:plain

がしかし、スポーツカー好きであれば「そういう問題ではない」はずです。

そう、スポーツカーならではの運転する喜びやスタイリングの美しさは、けっしてコンパクトカーや軽自動車では代えられません。

 

したがって、

  1. ガソリン代
  2. オイル交換費用
  3. 自動車税

新型GR86/BRZの所有にかかるこれらの出費はすべて"一度きりの人生を楽しむための投資"だと考えましょう。

 

ちょうど、スポーツ観戦を好きな人が高いチケットを買って良い席を確保するようなものです。

ちょっぴり高い維持費を払って「運転する楽しさ」を味わうのです。

 

とはいえ、収入や支出といった現実的な問題は無視できません。

新型GR86/BRZを買っても家計は大丈夫かどうか、維持できそうかどうかを確かめるためには、トヨタやスバルのウェブサイトで「無料シミュレーター」を試すのがおすすめです。

 

f:id:MORIKO:20220215171053p:plain

自分の好きなグレード、好きなカラー、好きなオプションをつけて、総額いくらになるのかをシステムに自動計算してもらい、くわえて返済シミュレーションを実施します。

たとえば、月々4万円を返済すると完済までに何年かかるだろう……頭金は……ボーナスは……といった具合です。

 

  1. 維持費
  2. 車両価格の支払い

これらをザックリ計算し、クルマにかかる合計の支出額を確かめて、維持できそうかどうかを判断してみてください。

 

大丈夫だと確信できたら、そのままウェブ上で新型GR86/BRZの試乗予約を行いましょう。

自らの手でステアリングを握って新型GR86/BRZを走らせれば、アドレナリンが脳からドバドバ放出されてテンションが上がり、購入の意思が固まること必至です。

 

ちなみに、ディーラーによってMT/ATどちらの試乗車が置いてあるかは異なります。

試乗車のトランスミッションもWebサイトから調べられますので、近所のディーラーにはどっちが置いてあるのか、試乗予約をする前にスマートフォンで併せてご確認ください。

 

f:id:MORIKO:20220215171921p:plain

以上、新型GR86/BRZの燃費と維持費についてでした。

【結論】自宅のテレビで見る映画は安いがショボい、映画館で観る映画は大迫力だが高い。クルマもおなじ。新型GR86/BRZはガソリン代、オイル交換費用、自動車税がそれなりにかかるが、その代わりに得るものが大きい。怖気づくのはもったいない。どんどんEVにシフトしつつある昨今、ガソリン車に乗るなら今しかない。

 

ネット通販サイトAmazonでは、新型GR86/BRZに興味があるユーザーにこちらのムック本が売れています。

もし紙媒体が売り切れている場合、Kindle版(電子書籍)もご購入いただけます。

 

www.shortshortshort.jp

新型GR86/BRZのナビ・オーディオ事情に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

新型GR86/BRZの後部座席について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

新型GR86/BRZのMTの坂道発進をサポートする機能に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

新型GR86/BRZのオートマについて、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

車のカタログの入手方法に関して当サイトにはこんな記事があります。