足踏みは有酸素運動と呼べるのか。ダイエット効果はある?

f:id:MORIKO:20200613113150p:plain

ウォーキングの代わりに、家のなかで足踏みをするとします。

 

その場で足踏みするだけでも、はたして有酸素運動といえるのでしょうか。

あるいは、足踏みにダイエット効果は期待できるのでしょうか。

 

この記事では、

  • その場で足踏みは有酸素運動か
  • 屋内の足踏みで痩せられるか

など、「足踏みは有酸素運動と呼べるのか。ダイエット効果はあるのか」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

足踏みは有酸素運動と呼べるのか。ダイエット効果はあるのか?

f:id:MORIKO:20200613112917p:plain

足踏みは、有酸素運動であるといえます。

 

「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い時間継続して行う運動」

という有酸素運動の定義に、足踏みは該当しているからです。

 

足踏みは効率が悪い

f:id:MORIKO:20200613113512p:plain

ところで、あなたが「足踏み」の実践を考えている理由はなんでしょうか。

  • 健康維持
  • ダイエット
  • 運動不足解消

などの目的があるとすれば、足踏みはおすすめしません

 

というのも、足踏みでは身体にかかる負荷が小さすぎるからです。

ただ足を上げ下げしているだけなので。

 

どれだけその場で足踏みをしても、時間をかけたわりには痩せられませんし、下半身の筋力もつきません。 

つまり、徒労に終わってしまうわけです。 

 

おすすめは「踏み台昇降」

f:id:MORIKO:20200613113923p:plain

足踏みの代わりにおすすめなのが、踏み台昇降です。

踏み台昇降というのは、踏み台を用意し、昇ったり降りたりを繰り返す運動です。

 

踏み台として、階段の一段目を使っても構いません。

家のなかに階段がなくても大丈夫です。

 

昇降用の踏み台は売っていますので、こちらをご購入ください。

階段とちがい、ご自身で高さを調節し、脚にかかる負荷を変えられるのがステップ利用のメリットです。

 

好きな場所で行えるので、たとえば、テレビを見ながらエクササイズすることも可能です。

 

 

踏み台昇降のメリット

踏み台昇降運動は、足踏み以上にたくさんのメリットがあります。

  • 家の中でできる
  • 有酸素運動である
  • ジャージに着替える必要なし
  • 下半身にかかる負荷が大きい
  • 消費エネルギーが大きい
  • 筋力アップにつながる

ただ足踏みをするよりも、踏み台昇降のほうが賢く運動ができるわけです。

 

f:id:MORIKO:20200613114338p:plain

足踏みを考えていたあなたには、

  • 着替えるのが面倒
  • 外に出て歩くのは億劫
  • 家のなかで手軽にできる運動がいい

などの希望があったのではないでしょうか。

踏み台昇降はこれらをすべて満たしており、しかも足踏み以上の負荷が得られます。

 

足踏みとは何が違う?

f:id:MORIKO:20200613114513p:plain

踏み台があるだけでそんなに違うもの?」 

このように思う方もいるはずです。

 

足踏みと踏み台昇降では、その負荷や運動効果は天地の差があります。

なぜならただ足を上下させているだけの足踏みにたいし、踏み台昇降は、体を数十センチ高いところへ移動させているからです。

 

あなたの体重が55キロだとすれば、脚の筋力を使い、55キロの身体を15センチ高いところへ持ち上げるわけです。

平らな道を歩くのは平気でも、階段を昇るのは疲れるのではないでしょうか。 

 

階段のソレとおなじ理屈です。

段差があることで筋力とエネルギーを多く使うため、結果として、ダイエット効果や運動不足解消につながります。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200613115125p:plain

足踏みと踏み台昇降についてご紹介してきました。

両者は似て非なるものです。 

 

家のなかで足踏みをするくらいなら、踏み台昇降をおすすめします。

かけた時間にたいして得られる効果が雲泥の差だからです。

 

踏み台昇降用のステップ(台)には2種類あります。

  1. 高さ調整できるもの
  2. 高さが変えられないもの

おすすめは「高さ調整ができるもの」です。

なせなら、脚の筋力がついてくると、もっと大きな負荷をかけたくなるからです。

 

高さ調節ができるステップなら、一段高くすることで負荷をアップできます。

 

高さを変えられないステップより若干値段は高いものの、差額分のメリットはあるといえます。

 

ぜひ昇降台を使い、室内で賢く運動をしてはいかがでしょうか。

 

以上、足踏みは有酸素運動と呼べるのか。ダイエット効果はあるのか、でした。

結論。家のなかで有酸素運動を行うなら、足踏みよりも、踏み台昇降がおすすめ。おなじ時間で数倍の効果が得られる。