皮膚科には「すっぴん」で行くべき?【化粧はNG】

f:id:MORIKO:20200615163033p:plain

肌の悩みを相談するために皮膚科へ行くとします。

 

このとき、メイクをした状態で医師に診察してもらうことはできるのでしょうか。 

それとも病院にはノーメイクのすっぴんで行くべきなのでしょうか。

 

この記事では、

  • 皮膚科にすっぴんで行くべき理由
  • 化粧水や乳液はOKなのか

など、「皮膚科にはすっぴんで行くべきなのか」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

皮膚科には「すっぴん」で行くべきなのか

f:id:MORIKO:20200615162802p:plain

皮膚科へはすっぴんで行くべきです。

患者が化粧をしていると、医師は肌の状態を確認できないからです。

 

肌荒れやニキビ、乾燥がひどいとしても、医師が素肌を診ないことには始まりません。

正しい診察を受け、正しい治療へと進むためにも、皮膚科へはすっぴんで向かいましょう。 

 

化粧をしたまま行った場合、皮膚科によっては、診察前にメイクを落とすよう指示されることがあります。

メイクが診療の妨げになるからです。

 

医師に肌を見られるのが恥ずかしい?

f:id:MORIKO:20200615163859p:plain

トラブルを抱えた肌を人に見せるのは、恥ずかしいかもしれません。 

 

とはいえ、相手は皮膚科医です。

つまりプロです。 

医師はこれまでに大勢の「荒れた肌」を見てきていますので、いちいち大袈裟なリアクションをとったり、内心であなたの肌についてどうこう思ったりはしないでしょう。

 

すっぴん姿についても同様です。

皮膚科医は女性のすっぴんに慣れていますから、あなたのすっぴんに引いたりはしません。

むしろ、化粧をしている患者こそ迷惑なので、医師を嫌な気持ちにさせるでしょう。

 

 

ファンデーションはNG

顔にファンデーションを塗るのはNGです。

ファンデーションで覆ってしまうと、肌の状態が見えないからです。

 

f:id:MORIKO:20200615164149p:plain

皮膚や毛穴を診てもらいやすいよう、ファンデーションで隠さずに診察を受けてください。

素肌に自信がなくても大丈夫です。

だからこそ皮膚科を訪れるわけで、治療を受けて、これからキレイになっていきます。

 

化粧水や乳液はOK

f:id:MORIKO:20200615164350p:plain

顔に化粧水や乳液を塗るのはOKです。

いずれも診察の妨げにならないからです。

 

むしろ、トラブルを抱えている肌を保湿しないのは問題ですので、化粧水や乳液を使ったほうが良いでしょう。

保湿は肌ケアの基本です。 

 

風呂上りや洗顔後には、5分以内に保湿剤を塗ることをおすすめします。

皮脂が取れ、水分が蒸発しやすい(肌が乾燥しやすい)状態にあるからです。

保湿剤でフタをしなければ、肌からどんどん水分が失われてしまう。

 

キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml

キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

化粧水を選ぶ際には、成分に「セラミド」が含まれているものがおすすめです。

保湿力に関して、セラミドが入っていれば間違いありません。

 

日焼け止めはOK

f:id:MORIKO:20200615165103p:plain

皮膚科へ行く際、顔に日焼け止めを塗るのはOKです。

日焼け止めは、診察の妨げになりません。

 

太陽光に含まれている紫外線は肌にダメージを与えるため、むしろ日焼け止めは塗ったほうが良いのではないでしょうか。

 

ただし、UVカット効果のあるリキッドファンデーションなどはNGです。

皮膚科を受診するときだけは、ファンデーションとしての効果がない日焼け止めを使ってください。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200615165609p:plain

皮膚科へ行く際のルールをご紹介してきました。 

 

病院やクリニックによっては、ウェブサイト上に注意事項を記載していることがあります。

本記事とは異なる指示がされている可能性がありますので、念のため、受診予定の皮膚科をネットで検索してみてください。

 

これといった注意事項が書かれていなければ、本ページにある内容にしたがって準備をしておけば問題ありません。

 

皮膚科まですっぴんで行くのが恥ずかしい方は、マスクで顔を隠すのがおすすめです。

マスクで顔を覆ってしまえば、すっぴんであることがバレにくいからです。

 

皮膚科を受診し、あなたの肌トラブルが解消されることを願っています。

 

以上、皮膚科にはすっぴんで行くべきなのか、でした。

結論。原則すっぴん。ファンデーションはダメだが、化粧水、乳液、日焼け止めは使用可。マスクで顔を隠せばバッチリ。

 

www.shortshortshort.jp

ニキビに悩んでいませんか?