「ソファーでダラダラ怠ける癖」を100%解決する方法

f:id:MORIKO:20200918202842p:plain

自宅にソファーがあると快適ですが、その快適さゆえに、ソファーは人をダメにします。

ソファーは私たちからやる気や意欲を奪い、ダラダラさせ、私たちの時間を奪っていくのです。

 

ついソファーに寝転んでダラダラしてしまう癖を、あなたは直したいと思いませんか?

現状を変えるのに意思の力は必要ありません。

 

精神論や根性論ではなく、誰にでもできる物理的な解決法をお伝えします。

 

この記事では、

  • 裸で過ごす
  • ソファーを捨てる

など、「ソファーでダラダラ怠ける癖を100%解決する方法」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ソファーでダラダラ怠ける癖を100%解決する方法

f:id:MORIKO:20200918202336p:plain

ソファーでダラダラと過ごす怠惰な習慣に、あなたが悩んでいるとします。

 

  • ソファーでネット検索
  • ソファーで動画閲覧
  • ソファーでマンガ
  • ソファーでSNS
  • ソファーでボーッとする

など、ソファーに座ったり寝転んだりしていると、私たちは生産的な活動ができません。

 

ここでの問題は、ソファーについ座ってしまうこと、だといえます。

ということは、問題を解決するためには、ソファーに座らないような仕組みを考えれば良いわけです。

 

そこで行き着くのが、

  1. 裸で過ごす
  2. ソファーを捨てる

というふたつの解決策です。

 

解決策1. 裸で過ごす

f:id:MORIKO:20200918203145p:plain

ソファーに座らないようにするのは簡単です。

ただ、裸で過ごせば良いのです

 

あなたは裸でソファーに座ろうとした経験があるでしょうか。

試してみるとわかるとおり、裸でソファーに座るのには抵抗があります。

 

なぜなら、(衛生的にキレイとは思えない)肛門やその周辺が、ソファーに直接触れることになるからです。

もし肛門に便の汚れが残っていたら、ソファーの生地に汚れがついてしまうかもしれません。

 

下着だったらすぐ洗濯できますが、汚れたソファーカバーを洗うのは面倒です。

洗濯しにくいものが汚れてしまうのは気が引けるため、結果として、裸でソファーへ座ることを断念します。

 

いかがでしょうか。 

不確かな「意思の力」に頼らず、本能的、生理的嫌悪感を利用した確かな解決策です。

 

お腹を壊しやすい人の場合

f:id:MORIKO:20200918203558p:plain

もしあなたがお腹を壊しやすい体質であれば、体が冷えてしまう裸での生活は、腹痛を招く恐れがあります。

 

腹痛を防ぎつつソファーでのダラダラも避けるためには、下半身だけ衣類を身につけないことです。

上にはTシャツやスウェットを着ていても構いません。

ただし、腰から下には衣類を身につけず、臀部を露出したまま過ごします。

 

臀部を出しておくだけで、ソファーへ座らないようにする抑止力が働いてくれるからです。

 

「だったら全裸になる必要はないじゃないか」

そう思った方もいるでしょう。

 

ただ、全裸でソファーに座ったり寝転がったりすれば、肛門付近の汚れだけではなく、全身の皮脂や汗がソファーに染みこむことになり、いっそう嫌悪感に苛まれるのです。

 

あくまでも「全裸で過ごす」ことを基本とし、腹痛を起こしやすい方のみ、冷えを防ぐために「上着の着用OK」としてください。

 

 

解決策2. ソファーを捨てる

「裸での生活」を提案され、戸惑っている方には、別の方法をご紹介します。

ソファーを捨てる解決策です。

 

f:id:MORIKO:20200918203939p:plain

というのも、ソファーを捨ててしまえば、自宅からソファーがなくなり、自宅でソファーに座るのが不可能になるからです。

 

ついゲームをやってしまうならゲームを売れば良い、お菓子を食べてしまうならお菓子を買わなければ良い、ソファーでダラけてしまうならソファーを捨てれば良い、ってなもんです。

難しい話ではありません。

 

99%の方が「まだ使えるソファーを捨てるのはもったいない」と感じていることでしょう。

ですが、その考えは合理的ではありません。

 

ソファーを捨てるなんてもったいない?

f:id:MORIKO:20200918204419p:plain

経済学のサンクコスト(埋没費用)という考えを応用して考えてみます。 

 

自宅にあるソファーの購入金額は、返してもらうことができません。

なぜなら、そのソファーはもう使用済みだからです。

 

したがって、ソファーの購入費用はどうあがいても回収できないことから、今後の意思決定において考慮すべきではありません。

回収できないソファーの購入代金を考慮してしまうと、つい感情的になり、合理的判断の妨げになるからです。

 

ですので、ソファーを買うために支払った代金のことはいったん忘れましょう。

  1. ソファーでゴロゴロする生活
  2. 時間を無駄にせず有意義に過ごす生活

あなたにとって好ましいのはどちらでしょうか

もし答えが後者であれば、ソファーを捨てるべきです。

 

「でもソファーはまだ使えるし捨てるなんてもったない」と考えるのは、先述のとおりサンクコスト(埋没費用)に引っ張られ、合理的な判断ができていない証だといえます。

 

サンクコストは無視すること、これが合理的判断を下すうえでの原則です。

感情に引っ張られて間違った選択をするか、合理的思考によって正しい選択をするか、どちらをとるかはあなた次第です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200918205445p:plain

ソファーでの怠け癖を解決する方法をお伝えしてきました。

 

  1. 裸で過ごす
  2. ソファーを捨てる

いずれかの選択をし、実行すれば、「ソファーでダラダラして時間を浪費してしまう」というあなたの悩みは解決します。

 

もちろん、「裸で過ごす」を選択すれば、それはそれで別の問題が生じるかもしれません。

ですが、それはそれ、これはこれです。

 

www.shortshortshort.jp

当サイトは裸族デビューするためのノウハウも有していますので、ご安心ください。 

 

以上、ソファーでダラダラ怠ける癖を100%解決する方法でした。

結論。裸で過ごすか、ソファーを捨てるか。どうすべきか、ソファーに寝転がってじっくり考えてみて欲しい。

 

www.shortshortshort.jp

ソファーに限らず、いっそ「家ではいっさい座らない」というのはいかがでしょうか。

どうせ生活を変えるなら、15度ではなく、180度ガラッと変えるのもアリです。

 

www.shortshortshort.jp

ところで、あなたには家族や恋人などの同居人がいますか?

裸族デビューのリアルがここにあります。