映画館の「飲食物持ち込み禁止ルール」がセコい件

 

f:id:MORIKO:20201003092435p:plain

私たちが「食べ物や飲み物」を館外から持ちこむ行為を、ほとんどの映画館が許可していません。

 

このルールについてあなたはどう思いますか?

セコくて理不尽で、従う価値のないルールだとは思いませんか?

 

この記事では、

  • なぜ持ち込み禁止なのか
  • ルールに妥当性はあるのか

など、「映画館の飲食物持ち込み禁止ルールがセコい件」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

映画館の飲食物持ち込み禁止ルールはセコい

f:id:MORIKO:20201003091657p:plain

映画館では、上映前にいくつかの注意事項がスクリーンに流れます。

  • 上映中の会話は禁止
  • 前の座席を蹴らないこと
  • 映画を撮影してはいけない

これらのルールは良いでしょう。

いずれも映画館の秩序を守るために必要です

 

ただし、「館外から飲食物を持ち込まないでください」という指示だけは、毛色が異なります。

どうして館外から飲食物を持ち込んだらダメなのか、理由がわかりません

 

映画館内は飲食禁止なのか

f:id:MORIKO:20201003092653p:plain

そもそも劇場内が飲食禁止なのであれば、食べ物や飲み物を持ち込んではいけないのは仕方がありません。

 

食べ物や飲み物をこぼしてお客に座席を汚されないための対策、ということでしょう。

実際、美術館や博物館などでは、飲食物の持ち込みが禁止されています。

 

ただ、映画館には売店が設けられており、

  • ドリンク
  • ポップコーン
  • ホットドッグ
  • 唐揚げ

などの販売が行われています。

観客はそれらを買い、座席に座って映画を観ながらジュースを飲んだり、ポップコーンを食べたりできるわけです。

 

つまり、映画館内はけっして飲食禁止などではない、ということです。

飲食禁止ではない映画館に、どうして私たちは飲食物を持ち込んではいけないのでしょう。

 

物販で儲けたい考え

f:id:MORIKO:20201003093540p:plain

映画館側は、映画を観にきたお客にドリンクやフードを買ってもらうことで、収益アップを見込んでいます。

 

原価の低いドリンクとフードをそれぞれ400〜500円ほどでお客に売りつけ、映画館はガッポガッポとお金を儲けたいわけです。

 

もし館外からの飲食物持ち込みを認めてしまうと、お客のほとんどがコンセッションでドリンクやフードを買ってくれなくなるでしょう。

なぜなら、映画館で売られているドリンクもフードも、値段が割高だからです。

 

そこで運営サイドは「館外から食べ物や飲み物は持ち込まないでください」なるルールを設け、お客に館内のコンセッションを利用させます。

2時間も映画を見ていたらノドが渇くため、途中で水分補給をしたいお客は、割高なドリンクを渋々買わざるを得ない、という構図です。

 

なんとセコく、意地汚い商売なのでしょうか。

 

 

ルールに合理性や妥当性はあるか

  • ゴミのポイ捨て禁止
  • 電車内での喫煙禁止
  • 駐車場での空吹かし禁止

などのルールや規則には、いずれも合理性や妥当性が認められます。

 

人が他者に迷惑をかけることなく社会活動を回すためには、どれも必要なルールです。

では、劇場が設けている「館外からの飲食物持ち込み禁止ルール」はどうでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20201003094320p:plain

A太郎さんは白湯が好きで、マイボトルに白湯を入れ、映画館へ向かったとします。

 

上映中にマイボトルの白湯を飲んだA太郎さんは、はたして「いけないこと」をしてしまったのでしょうか。

答えはノーです。 

 

A太郎さんは非難されるべきではありません。

なぜなら、「館外からの飲食物持ち込み禁止(でも売店で買ったやつは良い)」というルール自体が、合理性や妥当性を欠いているからです。

 

合理性も妥当性もないルールには、従う必要がありません。

かりにA太郎さんは胃腸が弱く、飲み物は白湯しか受けつけない体質だったとしたら、映画館のセコいルールに従う道理などこれっぽっちもないのです。

 

誰にも迷惑をかけることなく、飲食可能な空間で(持ちこんだ)白湯を飲んだだけのA太郎さんを、いったい誰が非難できるでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201003100748p:plain

映画館の飲食物持ち込み禁止ルールがセコい件についてお伝えしてきました。

 

チケットを買って映画館に利益をもたらしているお客にたいし、理不尽なルールを押しつけ、飲食物持ち込みの自由を奪い、割高なドリンクやフードを売りつけ、お金をむしりとるというのは、とても品の良い商売とはいえません。

 

映画館は私たちから、

  • 自由
  • 水分
  • カネ

これらを奪っています。

なぜなら劇場運営サイドは、お金をたくさん儲けたいからです。

 

私たちはこの理不尽かつ意味不明なルールに黙って従うことなどありません。

 

劇場内へ堂々とマイボトルを持ちこみ、堂々と緑茶を飲んでやれば良いのです。

堂々とポテトチップスを持ちこみ、バリバリと咀嚼してやれば良いのです。

 

合理性も妥当性もないルールに従うべきではありませんし、同調圧力に負けるべきでも、同調圧力を作り出すべきでもありません

 

もしあなたの前に座る男性が(館外から持ち込んだ)ペットボトル入りのジュースを飲んでいたら、心のなかで彼を称えましょう。

 

なぜなら彼は、思考停止に陥らず、言われるがままに支配されず、飲食物持ち込み禁止ルールの理不尽さに気づいた賢い人物だからです。

たんなるケチかもしれないけど。

 

以上、映画館の飲食物持ち込み禁止ルールがセコい件でした。

結論。映画館というのは、スクリーンも音量もデカいけれど、態度もデカい。映画を観る前にテンションが上がるのは仕方ないが、原価数円のジュースが数百円に跳ね上がるのは、看過すべきでない。

 

www.shortshortshort.jp

映画館について、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

本記事に納得できたとしたら、あなたはいわゆる「ケチ」かもしれません。 

たいていの人にとっては「数百円くらいいいじゃん」ってなもんです。

ただ、ケチは素晴らしき才能であって、ネガティブに捉えることはないといえます。