柔らかい食べ物22選。歯が痛いときはこれがオススメ!

f:id:MORIKO:20181121195811j:plain

この記事では柔らかい食べ物だけをひたすら紹介してきます。虫歯で歯が痛い、歯肉炎で歯茎が痛い、親知らずを抜いたばかり、噛むのが面倒……などなど、柔らかい食べ物を欲する理由は人それぞれでしょう。

バリエーション豊富な食事を楽しめるように、ドーンと22種類をご紹介します。それではどうぞ。

 

 

 1. おかゆ

柔らかい食べ物の定番。キングオブ病人食のおかゆです。おかゆさえ食べておけばどうにかなります。

 

おかゆを作るのが面倒だという人は、味噌汁にご飯を投入しましょう。あっという間に、猫まんまのできあがりです。ちょっと"エサ感"が強いのが難点ですが、歯の痛みを抑えられるんですから我慢しましょう。

似たようなところでは、お茶漬け雑炊なんかもいいかもしれませんね。

 

なんにせよ、普通の白米は硬くて危険です。あんなもの噛んだら激痛が走ります。もはや石ですよね。白米は石食べてるのと一緒。

 

2. ヨーグルト

f:id:MORIKO:20181121211909j:plain

ヨーグルトはまさに救世主です。歯の痛みを抑えつつ、ちゃっかり腸内環境まで整えてくれるんですから、こんな優秀な食品はありません。

 

ただし、ヨーグルトは無糖や砂糖不使用というものを選んでくださいね。砂糖たっぷりの甘いやつを食べてたら、また虫歯になちゃいますから。

※虫歯以外の理由で噛むのがツラい人は聞き流してください。

 

3. バナナ

f:id:MORIKO:20181121211733j:plain

バナナもオススメです。とくに熟しているバナナは、歯がいりません。柔らかくてとっても食べやすいです。栄養素も豊富ですし。

 

ところが、バナナにはひとつ欠点があります。"職場では食べにくい"ということです。

だって、ゴリラみたいじゃないですか?

「職場にまでバナナ持ってくるって、どんだけ好きだよ! ゴリラかよ!」なんて同僚に思われたらイヤですよね。

 

まぁこれはゴリラを恨みましょう。どうしてよりによって好物がバナナなんだよ、って。ホウレンソウ大好きとかでいいじゃんか、って。

 

4. 納豆

f:id:MORIKO:20181121205500j:plain

画像は粒のタイプですが、オススメはひき割り納豆です。なぜなら、よりいっそう柔らかくて咀嚼しやすいから。

 

歯が痛いとどうしても食べるものが偏ってしまい不健康になりがちです。

おかゆばっかり食べてたら体に悪いので、ぜひ最強の発酵食品である納豆も食べて、栄養バランスをとっておきましょう。

 

※納豆に生卵をかけるのはNGです。栄養の吸収を妨げてしまうためです。ついついかけてしまう人は気をつけましょう。「美味しいからこれがいいんだ」というのであれば無理にとは言いませんが。

 

5. 豆腐

納豆に引き続き、またしても大豆料理がランクインしました。

豆腐は白米のかわりにもなります。

某牛丼チェーン店では"白米の代わりに豆腐が盛られた牛丼メニュー"があるくらいですからね。お米が硬くて食べられない場合は、豆腐がいいかもしれません。

 

ただし豆腐にも注意点があって、冷ややっこは危険だということ。ひんやりしていて虫歯に沁みます。

豆腐は加熱するか、味噌汁に入れるのがオススメです(どんな食材でも味噌汁に入れればどうにかなるかもしれない)。

 

<余談>

そういえば高校でクラスメイトだった女子が、「いちばん好きな食べ物は豆腐!」っていってたけど、よくよく考えてみると「いちばん好きな食べ物はごぼう!」くらい珍しいと思う。美味しさに異論はないけど1位をとるほどじゃないというか。

もしかして「歯が痛くても食べられる食材カテゴリーでいちばん好き」ってことだったのかな?

 

6. うどん

f:id:MORIKO:20181121212015j:plain

讃岐うどんみたいに、"コシが命だぜ"みたいなうどんはやめておきましょう。歯ごたえがすごくて致命傷を負いかねません。

 

そこでオススメしたいのが、スーパーで売ってる一袋20円くらいの、猛烈に安いうどんです。買ってきたら鍋でぐつぐつ茹でます。

 

2分茹でてください、と書いてあっても無視してください。むしろ倍の4分は茹でてやりましょう。

ギリギリ原型をとどめている、くらいまで茹で上げれば相当柔らかくなりますので、安心して食べられます。柔らかさについては全面的に保証します。味の保証はいたしません。

 

7. ゼリー

ニュルっと入っていくので食べやすいです。野菜の栄養素がたっぷり入った健康的なゼリーも売ってますので、昼食にもおすすめです。

 

ただしゼリーは糖分を多く含んでいますので、食べたら歯磨きを忘れずに!

 

8. アボカド

f:id:MORIKO:20181121211537j:plain

食わず嫌いの方もいるかも知れませんが、アボカドって、案外美味しいんですよ。森のバターの異名を持つほどなめらかで柔らかいため、噛む力はほとんど必要ありません。

 

スーパーなどで見かけると「デカいな」と感じるかもしれませんが、ご安心ください。上の写真の通り、中央に大きな種が入っていますので、食べられる部分は恐れているほど多くありません。ひとりで1個食べれちゃいます。

 

もしくは、スーパーの冷凍食品コーナーを覗いてみてください。スライスされたフローズンアボカドが売られていることがあります。

 

<よくわからない話>

「アボカドが正しい」派と、「アボガドが正しい」派がいますが、結局これってどっちが正解なのでしょう。よくわかりません。ですので私は「ア"ボガドが正しい」派でやっていこうと思います。全部に濁点がつく、藤原達也スタイルです。

 

9. プロテイン

「食べ物じゃなくて飲み物じゃん!」って声が聞こえてきそうですが、とにかく読んでください。

「あれ? 『ボディビルダー必見!オススメ高タンパク食材20選!』を読んでたんだっけ?」という方はご安心ください。この記事はまちがいなく「柔らかい食べ物22選」です。

 

歯が痛いと、肉や魚が食べられなくなります。これらの食材って、咀嚼する際にけっこう顎を使っているんです。私も歯が痛くなって初めて知りましたが。

 

だからこそ、不足しがちなタンパク質を、プロテインで補うんです。そもそも日本人はタンパク質が足りていないといわれていますから(誰に?って話ですが)、歯が痛くてもそうでなくても、プロテインはオススメします。

 

「プロテインってなんか太りそう」という方は心配いりません。

私なんか運動もしていないくせに毎晩がっつりプロテインを飲んでいましたが、3ヶ月続けてもまったく太っていませんよ。

 

10. ミートボール

f:id:MORIKO:20181121211349j:plain

肉が食べれないからプロテインを飲もう! といった直後に恐縮ですが、ミートボールです。原料はお肉です。歯ごたえがありそうに思いますが、私は食べられました。

 

オススメなのは、中にチーズが入っているようなやつ。似たようなものなので、チーズインハンバーグでもいいと思います。中はトロトロのチーズなので、顎を酷使せずに済みます。歯が痛くても、問題なく食べられますよ。

 

ミートボールでも痛くなってしまう人は、やっぱりプロテインを飲んでタンパク質を補いましょう。

 

11. おから

ふたたび大豆食品の登場です。おからも柔らかくて健康的でオススメです。

 

難点があるとすれば、地味なクセして意外と価格が高いこと。

私がおからを低く見積もり過ぎているのかも知れませんが、案外高価なんです。豆腐を作るときにできるカスだって聞いたことがあるので、その影響かも知れません。「カスだよね?」くらいに思ってしまいます。

価格は実際にご自分の目で確かめてみてください。

※ここでいうおからは、うの花のことです。

 

12. ちくわ・はんぺん

いわゆる練り物ですね。

価格が安いのも助かります。ただでさえ、歯の治療で多くのお金が消えていきますから。あーあ。あんな痛い思いしてるのに、どうしてお金まで取られなきゃいけないんだろう?

泣きっ面にドリルですよ。まったくもう。

 

<お茶目なアイドルの話>

某アイドルが、「おでんのちくわで汁を吸ったら、口の中を大やけどした」といっていたのを聞いたことがあります。賢明なみなさんはマネしないでください。ご存知でしょうが、ちくわはストローではありません。

 

13. かぼちゃの煮物

柔らかい食べ物日本代表の登場です。(ちなみにヨーグルトはトルコ代表。バナナはフィリピン代表。プロテインはアメリカ代表です)

かぼちゃの煮物は、スーパーの惣菜コーナーなどでも簡単に手に入ります。

※かぼちゃは必ず煮てください。さもなければ、あなたは激痛に悶え、歯医者にかけこむはめになります。

 

さて、そろそろ柔らかい食べ物の列挙にも飽きてきたかと思いますので、ここでひとつクイズを出題します。

どれが「かぼちゃ」でしょう?

  1. 南瓜
  2. 西瓜
  3. 胡瓜
  4. 橋爪
  5. 青凪
  6. 横風
  7. 巻爪
  8. 下唇

 

14. 超高級な牛肉

f:id:MORIKO:20181121210450j:plain

……もう思いつきません。正直にいって、8個目の「アボカド」あたりで限界を迎えてました。

22種類もの柔らかい食べ物がこの地球上に存在するのかすら、怪しくなってきました。これ以上柔らかい食べ物が出てこない、私の頭が硬いことは間違いないでしょう。

 さて、苦し紛れに飛び出したこの牛肉を、どうにかこうにか処理したいと思います。

 

超高級な牛肉は、お口の中でとろけると思います。

よくテレビとかで、「消えてなくなった!」とか「歯が要らない」とかいってるのを耳にします。だからいいと思います。

 

よしクリア!

 

15. はちみつ

f:id:MORIKO:20181121211225j:plain

壺に入れたはちみつを、たいまつみたいな棒ですくって食べれば、黄色い某クマさんになった気分を味わえます。

壺は……アマゾンとかで買ってください。棒のほうは名称すらわかりません。

 

真面目な話、ヨーグルトにはちみつをかけて食べると最高です。はちみつにもいろんな種類がありますが、アカシアがおすすめです。美味しいです。

 

16. 茶わん蒸し

茶わん蒸しも柔らかいのでオススメですが、いかんせん、寿司屋以外では見かけません。スーパーとかコンビニで売ってるの、見たことないですよね?

 

しかも紹介しておきながら、実は私、茶わん蒸しが苦手です。あの得体の知れない感じとでもいいましょうか。

 

<茶わん蒸しが嫌いな理由>

だって考えてみてください。「茶わん蒸し」って。中身については見事にノータッチです。あのプリンみたいな部分、あれってなんですか。よくわからないですよね。だから苦手です。

しかも、あれ、茶わんじゃないと思いませんか?よーく見てください。あれ、湯呑に近いですからね。あんな細長い茶わんにご飯盛ってる人、見たことあります?

 

だから、要するに、茶わん蒸しっていうネーミングは、実はなんにも伝えていないんです。蒸してるってこと以外には。だから苦手です。

じゃなくて、柔らかいのでオススメです。

 

17. 揚げ豆腐

言いたいことはわかります。「あれ?豆腐ってさっきも言ってなかった?」って言いたいんですよね。よくわかります。でも柔らかいんです。だから許してください。

 

18. 高野豆腐

わかります、落ち着いてください。でも、揚げ豆腐だって高野豆腐だって、"豆腐"のひとことで括られたくはないと思うんです。その気持ちを、尊重したいじゃありませんか!

 

……すみません。許してください。「うどん」の次に「ほうとう」とか「そうめん」とか「流しそうめん」だとか、そんなの無しですよね。そんなことが知りたいわけじゃありませんよね。

さすがに、今思い浮かんだ「メープル」は、ボツにしましたから、どうかお許しください。

 

19. 人参のグラッセ

f:id:MORIKO:20181121212508j:plain

とつぜんアイディアが降ってきました! 人参のグラッセです。レストランでハンバーグを注文したときに、鉄板の隅っこに鎮座しているやつですね。

 

<裏切られた話>

知ってましたか? グラッセって、砂糖やバターで味付けしているんです

私はずっと、「人参を煮るとこういう甘みが出るんだぁ!人参ってすごいなぁ!」と思って生きてきました。

誰か純粋無垢なあの感動を返してください。

 

20. チーズ

加熱すればトロトロになりますし、常温でもじゅうぶん柔らかいので、問題なく食べれます。 

チーズフォンデュなどはうってつけですが、いかんせん、テンションが釣り合いません。お通夜みたいなテンションでチーズフォンデュ食べてる人、見たことありませんよね。そうなる可能性があります。歯が痛すぎて。

 

完治してから、いぇーい!と食べてください。

チーズフォンデュは(きっと)そういう食べ物です。

 

21. 豆腐ハンバーグ

舞い戻ってきました!

なんだかんだいって豆腐は正義です。

 

22. たまご

f:id:MORIKO:20181121211051j:plain

最後はマジメにいきましょう。たまご、かなりオススメです。

 

まず目玉焼き。美味しいですよね。私は醤油でもソースでもなく塩コショウ派です。

それから、茹で卵。パクパクいけちゃいます。卵はタンパク質、アミノ酸などの栄養素が豊富で、体にもいいのです。

さらに、玉子焼き。フワフワで、歯にストレスを与えません。

 

さらにさらに、玉子豆腐……!

 

おわりに

以上です。一日も早く回復して、痛みを気にせず好きなものを食べれるようになることを祈っています。もうこんなブログを参考にしなくてもいいようにね。

 

虫歯に関する記事

歯科衛生士が可愛くても惚れてはいけない3つの理由