日記の習慣が続かないのは「コツ」を知らないだけ

f:id:MORIKO:20191231074600p:plain

日記をつける習慣を持とうとして、1週間も経たずにやめてしまう人がいます。

日記ってなかなか続かないんですよね。

 

そこでこの記事では、

  • 日記を続けるためのポイント
  • 日記のハードルを下げるコツ

など、日記を継続するための秘訣をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

日記を習慣にして「続ける」ための方法

まず、日記は毎日書くのが鉄則です。 

ときどき週末にまとめて書こうとする人もいますが、それでは長続きしません。

 

まとめて書こうとすると文章量が増えますし、なにより思い出すのが面倒ですよね。

日記はかならず毎日つけるようにしましょう。

www.shortshortshort.jp

 

旅行をする際にも日記帳を持っていくことをおすすめします。

とにかく「日記を書かない日」を作らないことが大切です。

www.shortshortshort.jp

 

旅行をすると書きたいことがたくさん出てくるため、「帰ってから書こう」などと後回しにしていると、出来事が多すぎて億劫になってしまいます。

 

日記のメリットを理解していますか?

f:id:MORIKO:20191231075018p:plain

ところで、あなたが日記をつけようと思う理由はありますか?

「なんとなく」よりも、そこに明確な動機があったほうが継続しやすいかと思います。

 

日記を書くメリットは大きく2つあります。

  1. ストレス解消
  2. 未来の自分を楽しませる

 

まず1つは、日記の持つストレス発散効果です。

嫌なことやムカつくことがあれば、かならず日記に書くようにしています。

誰かに話すのもスッキリしますが、「こんなことを言ったら嫌なヤツだと思われないかな」などと考えて、心のどこかでブレーキをかけてしまうんですよね。

 

日記なら制御はいりません。

誰にも見せないので、どんなに汚くて乱暴な言葉を使ってもOKです。

 

モヤモヤした感情を日記に吐き出せば、気持ちが軽くなりますよ。

www.shortshortshort.jp

 

とはいえ、罵詈雑言だらけの日記を家族に見られたら最悪です。

日記帳は厳重に管理しておきましょう。 

www.shortshortshort.jp

 

日記をつける2つ目のメリットは、「未来の自分が楽しめること」です。

私は読書が好きで、とくに読んでいて楽しいと感じるのが「自分の日記」です。

(ナルシストではありません。たぶん)

 

f:id:MORIKO:20191231075511p:plain

なぜって、日記は自分が主人公の物語ですからね。

誰もあなたを主人公にした話など書いてくれません。だったら自分で書きましょう。

 

ぶっちゃけ、人間がもっとも興味を持っているのは自分なんです。

だから他人が主人公のストーリーよりも、自分が主人公のストーリーに惹かれるのは当然です。

www.shortshortshort.jp

 

日記を読み返す面白さを味わってしまったら、きっとあなたも日記から抜け出せなくなります。 

 

 

日記は大学ノートに書くべし

f:id:MORIKO:20191231075922p:plain

日記は大学ノートへ手書きがベストです。

 

まず、スマホやパソコンで入力するのはやめましょう。

ブルーライトが睡眠に悪影響を及ぼします。 

www.shortshortshort.jp

 

それから、市販の日記帳もおすすめしません

日記を書くための「枠」は百害あって一利なしです。

www.shortshortshort.jp

 

おすすめは大学ノートです。つまりふつうのノートですね。

www.shortshortshort.jp

 

ぜひツバメノートを使ってみてください。

他のノートよりもちょっとだけ高いのですが、書き心地が抜群です。紙が上質なので長期保存にも適しています。

(リンクはアマゾンの商品ページへ飛びます) 

 

文房具にこだわってみる

f:id:MORIKO:20191231080311p:plain

ノートやボールペンなどの文房具にこだわると、日記を書くときにテンションが上がるんですよね。

こうしたちょっとした工夫も、日記を続けるモチベーションを高めてくれます。

 

高級なものでなくとも、自分が好きな文房具であればなんでも構いません。
ノック部分にキャラクターが乗っている「書きやすさ軽視デザイン重視」のボールペンでも大丈夫です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191231080618p:plain

日記についてご紹介してきました。

お伝えしたいことが多くあるため、それぞれ別の記事のリンクを貼っています。

 

興味のある内容やもう少し詳しく知りたい情報があれば、リンク先の記事も読んでみてください。

当サイトがあなたの役に立てるかと思います。 

 

以上、日記を継続するための秘訣でした。

あなたも日記をつけて日常のなかに「自分と向き合う時間」を確保しませんか?

そして失われつつある「手書きの喜び」を感じてみませんか?